地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、尾道の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

尾道の地域情報サイト「まいぷれ」尾道市

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

インビザラインのデメリット【大人の矯正装置】マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置 

 おのみち駅前矯正歯科のニュース

「インビザラインのデメリット【大人の矯正装置】マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置 」
当院では、大人の矯正歯科治療用に、色々なタイプの装置を揃えています。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置 インビザライン Invisalign
目立たないマウスピースでの治療。ワイヤーを使わない画期的な治療方法です。


【インビザラインのデメリット】


デメリット1一日20~22時間の装着が必要

インビザラインは、食事や歯みがきの時以外は、ほとんどつけっぱなしにしていただくことを前提としたシステムです。1日に20~22時間は装置を装着する必要があり、自己管理をしっかりしていただく必要があります。


デメリット2目立たないプラスチックを歯の表面につける

歯を確実に動かすために、歯の色と同じ色の小さなプラスチックの突起を歯の表面に接着します。ただし、歯の色と同じで大きさも小さいので、かなり近くからでないと分かりません。



デメリット3全ての症例に適応できる治療方法ではない

歯並びが特に悪い場合や、あごの骨のずれが大きな場合はインビザラインで治療できない場合があります

病院・クリニック[矯正歯科医院]

おのみち駅前矯正歯科

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード